ご挨拶

NM

当法人のホームページをご覧になってくださいまして有難うございます。

 

社会福祉法人京都社会事業財団は6か所の児童福祉施設、4か所の高齢福祉施設、3か所の医療施設と1か所の障害者支援施設を始めとして、種々の社会福祉事業、公益事業を行っている法人です。まさに人間の生・老・病・死に寄り添いながら、医療と福祉を一体的に提供している社会福祉法人です。

 

社会福祉法人は戦後、昭和26年に制定された社会福祉事業法(現在、社会福祉法)に基づいて規定されている法人ですが、当法人の歴史をさかのぼりますと、大正4年(1915年)に設立された中央慈善協会京都府支部にその起源を求めることができます。当時は法律もなく、国や行政からの支援も無い中、当法人の先人達は「世のため、人のため」に私財をなげうって種々の慈善事業を行って参りました。現在もその理念を引き継ぎ、地域において公益的な取組を提供しています。しかし、社会福祉法人がどのような公益事業を行っているのか、なかなか地域の方々に認知していただいていないのも事実です。当法人が行っている公益的取り組みについても、このホームページで確認していただけるものと思います。

 

社会福祉法が改正され、社会福祉法人には以前にもまして経営の透明化とガバナンスの強化が求められています。当法人も、平成29年4月1日より施行されました改正社会福祉法に則った形で、新たな体制を整備して参りました。今後も地域の方々から必要とされる、当法人でないと行えないような公益的事業を提供し続けて行く所存です。

 

今後ともご指導ご鞭撻を宜しくお願い申し上げます。